つわぶきの葉の器です。吉野公崇氏作品

2014年4月8日

 

甚五郎二代目@zinngorouです
吉野公崇氏の器の紹介をいたします。
今回は「つわぶきの葉」を模した器です?
つわぶきの葉とは
画像1
ツワブキ(石蕗、艶蕗、キク科ツワブキ属の多年草。イシブキ、ツワともいう。ツワブキの名は、艶葉蕗(つやばぶき)、つまり「艶のある葉のフキ」から転じたと考えられている。沖縄方言では「ちぃぱっぱ」という。[ウィキペディアより]
そしてこちらが器です
画像1
手のひらより、少し大きいぐらいのサイズです。雰囲気も使い勝手も良さそうです~
Facebookページはこちら
HPはこちら